経営学部経営フォーラム2013

2013年11月26日に川村 益之(かわむら ますゆき)氏を講師として、経営フォーラム2013を開催しました。

会場となった8号館8101講義室には来賓、教職員、経営学部の学生ほか,一般からの参加者など約200名が集まりました。講師は,株式会社JTBコーポレートセールス代表取締役社長川村益之氏で,演題は「JTBコーポレートセールスのサービスイノベーションへの挑戦」でした。

会場案内

従来の法人マーケットへの取り組みは,旅館・ホテルや輸送機関などの事業パートナーからのコミッションを収益の柱としたビジネスモデルが中心でした。しかし,近年はインターネットの普及に伴う旅館・ホテルと消費者間での直接取引が増加したり,産業構造の変化などによって顧客のニーズや課題が多様化したことによりビジネスモデルの転換が求められるようになっています。そこで,JTBコーポレートセールスでは,付加価値の拡大,新規ビジネスの開拓,効率の向上によってサービスの生産性を高めるための新たなビジネスモデルの構築を目指している。総合旅行事業会社からソリューション会社へ脱皮するためのサービスイノベーションの取り組みがその一環であるという講演内容でした。

川村社長

JTBコーポレートセールスの経営理念やミッションを,顧客の新たな価値創造をサポートし,価値向上に貢献することであると捉え,顧客の良きビジネスパートナーとして,「感動と共感」を創出する最高のサービスを提供することであると述べられた。そのために,求められる人材像として,顧客を取り巻く環境変化を敏感に感じ取り,解決すべき問題や課題を自ら発見し,解決をリーディングできる自己実現型の人財であると指摘された。講演後の質疑応答では,会場から来賓,学生からの質問があり,川村社長から丁寧で分かりやすい説明が行われた。実際に企業経営に携わっている経営者から直接話を聞く機会を得たことで,学生たちにとっては極めて有意義なフォーラムとなりました。

質問する学生