第69回シオン祭での成果発表

 経営学科は毎年シオン祭で勉強の成果を発表しています。今年度も113日に、3年生がゼミ活動の成果発表を行いました。

 以下の成果発表が行われました。

l   澤端ゼミ「観光ガイドブックの分析  -- 女子旅に特化した『ことりっぷ』の事例 --
「大人の女性の週末旅」をコンセプトに観光ガイドブックの新しい市場を創造した昭文社の『ことりっぷ』をマーケティングの観点から分析し、報告しました。
今年度のゼミで取り組んでいるプロジェクト(「茨城の魅力を発掘し、伝える」)の市場環境分析パートの一部を報告しました。

澤端ゼミの発表の様子

 

l   米岡ゼミからは「「平成29年度 知財活用アイデア大会」参加アイデア発表」
・「Pospo(チーム「ライス」)
商店や商店街でのポイント制度にゲーム性を加えることで集客効果の向上を狙うとともに、複数の商店街での活用で消費者がさまざまな商店街を巡る効果も狙う、県内商店街の活性化を目的としたビジネスプランを発表しました。
・「デスクフラワー」(チーム「ヒルズ」)
机に置いてリラックス・集中力などの効果のある香りを発散する造花を商品化するアイデアを発表しました。
※富士通(株)の開放特許を活用して学生が商品アイデアを発案し、中小企業に向けたビジネスプランとして発表する『知財活用アイデア大会』に向けた内容です。

米岡ゼミの発表の様子

 

l   浅野ゼミ「グローバリゼーションは終焉に向かうのか」
「グローバリゼーションは終焉に向かうのか」というテーマを、「英国のEU離脱」、「トランプ政権下のアメリカ」、「日本の経済連携協定」という3つの観点から発表しました。グローバリゼーションという世界規模で巻き起こる現象を個々の国々の事例から考察し、捉え直していくことは想像以上に難しく、作業が難航することもありましたが、世界で実際に問題となっている事を学生の視点から考えることで得られたものも多かったと思います。また、聴講にきて下さった方々からのご指摘やアドバイスは鋭く、社会の見方を考える良い機会になりました。
(経営学科3年 吉成佑太)

浅野ゼミの発表の様子

 

 その他、2年生がリーダーシップ演習Ⅲの授業で調査した、さまざまなヒット商品に関する資料を展示しました。