経営学科学生が県庁主催事業コンペで活躍!

茨城県庁主催 平成29年度茨城県商店街活力向上支援事業「商店街活性化コンペ事業」に経営学科授業科目「地域マネジメント演習」クラスが応募し、唯一学生チームとして一次審査を通過した後、7月10日(月)県市町村会館(水戸市)の最終プレゼンテーションに臨みました。

 県内の商店会を中心に10チームが最終審査に残り、商店街活性化への熱いプレゼンが繰り広げられました。残念ながら、経営学部チームは優秀賞には届きませんでしたが、審査員からも大学生のコンペへの応募の意義や商店街での学生の活動企画提案への高い評価と賞賛を得ることができました。次回コンペへの再チャレンジも期待されました。なお、本チームは、11月開催の県庁中小企業課主催による4大学(筑波大、茨城大、常磐大、本学)「商学連携アイデア提案事業」にも参加する予定です。

発表後の質疑応答に答える谷萩春香さん(左)と益子桃佳さん(右)

(いずれも経営学科3年)    

経営学科3年生による発表チーム